ブログ

慢性的な眼精疲労と視力開腹手術

私はもう30年ほど前に視力回復手術をしています。当時はまだレーシックというものがなく、AKという、角膜の外側にメスで傷をつけ、レンズの形を眼圧によって変えていくというものでした。

点眼麻酔で痛みは無いとはいえ、メスが入ってくる感触はとても怖かったのを覚えています。

それから20年あまり経って、友人が眼科医になったので診てもらい、その後も様々な話を聞いたのですが、よく言われる「眼科医はレーシックをしない、それはなぜか」というのが良く分かりました。

まず、精度が上がったとは言え、視力回復手術は角膜の強度を弱めるため、将来的に視力や乱視などの数値が変わる事(私は元々乱視が無いのですが、今は強度の乱視です)。白内障になった場合、角膜の強度が普通の人と違うので、新しく入れるレンズの選択に戸惑う事。緑内障を疑うひとつの目安に眼圧測定があるのですが、その場合、角膜の強度が弱くなる事により、数値が正確に出ない事。そして、角膜にある神経を傷つけてしまうのでドライアイになりやすい事、などでした。

うーむ、自分に思い当たる事が多すぎる・・・

ドライアイも当然眼精疲労になる原因のひとつです。テレビやパソコンを見るにあたって、長時間見続けるのが辛くなったりもしますね。

他の部位でもそうですが、最近の外科ではメスはなるべく入れないほうが良い。という事になっているそうです。入れるとしてもなるべく傷は小さくする。目は人間が外から情報を得るためにかなりの割合を占めています。大事にしたほうが良いです。

〒417-0056 静岡県富士市日乃出町75-2 富士コーポレーション日乃出ビル103

℡ 0545-67-0385

慢性症状専門匠

URL  https://kinmaku-takumi.com/

慢性疲労とパチンコ

元々不健康の元とも言われているパチンコですが、皆さんやった事はあるでしょうか?

私は学生の頃少しやって、博才無いなーと感じてからはロクにやってませんが、今のパチンコやスロットというのは、液晶画面がかなり大きくなって豪華な感じがしますね。

何回か取り上げているので、このあたりで察する方も居るかもしれませんが、そうです。パチスロではこの液晶画面をじっと睨んでいる時間が多いのが目の慢性疲労を生む原因ともなります。それほど画面を見ないよーとか、やっても短時間の人はそれほど問題は無いかと思いますが、気づいたら何時間もやってたという場合は、かなりの疲労が目に溜まる事になります。

椅子に座りっぱなしで何時間も画面を見て、なかなか当たりが来ないとなれば、ストレスも溜まりますし、ここでも肩こりなどの原因になる要素はかなり多いです。

パチンコやスロットも、目や身体の事を考えると、ほどほどに楽しむくらいが良いのではないでしょうか。

〒417-0056 静岡県富士市日乃出町75-2 富士コーポレーション日乃出ビル103

℡ 0545-67-0385

慢性症状専門匠

URL  https://kinmaku-takumi.com/

1 / 5123...最後 »